ダイエット中の便秘防止について

サイトマップ

ダイエット時、便秘にならないためには

ダイエットをした時、便秘になることはありませんか?
野菜を多く食べることで、食物繊維の働きで腸内環境を正常に導いてくれます。
そして、ビタミンの力で肌の状態を整え、美肌になります。

 

では、どれくらいの量を1日に食べればよいのでしょうか。
基本的には、1日あたり350グラムの野菜を食べることが目標です。
1日3食で割ると1食当たり約116グラムの計算になりますが、朝食で野菜を準備することが難しかったり、外食することも考えて、1食あたり150グラムを目指すといいでしょう。
この量は生の野菜の場合です。
1食当たりでは、だいたい両手一杯分の量、と覚えておけば便利です。
そして350グラムの野菜のうち、3分の1以上は緑黄色野菜を食べることが理想です。

 

ダイエットも含め、健康維持に大切な野菜

さて、次は野菜の成分について、その一部をお話します。
まず、カリウムは、腸の動きを活発にして便秘解消の効果が望めます。
中にはカルシウムが多い野菜もあり、これは日本人に不足しがちな成分の一つで、骨の成長に欠かせません。
また野菜には老化を防ぐ効果も認められています。

 

お話したように、野菜は健康維持や美肌に欠かすことが出来ないものですが、ダイエットにも効果的です。

 

野菜をおもに食べることによって、ご飯やパンなど、つい食べ過ぎてしまいがちな物を減らすことができて、自然に痩せやすい体質に変わっていくでしょう。

 

好きな調理法で、積極的に野菜を食べましょう

では、調理法はどうすればいいのでしょうか。
これは生のままでも、蒸したり煮たり、炒めたりと、工夫をすることで飽きずに続けられます。
1回の食事に野菜を使った料理を2品以上は取り入れましょう。

ダイエットで便秘を防ぐ方法関連エントリー