痩せる 朝食

サイトマップ

朝食は、体内時計をリセットさせる

人間の体というものは、昼の間に活発に動いて生活をして、夜になればゆっくり休む、という毎日のリズムが基本になっています。
そして本来、食事の回数の理想は、一日三回、朝、昼、夕をきちんと食べることです。

 

ですが、最近では朝ごはんを抜くダイエットや、断食ダイエットなども流行っていて、食事の回数について色々と新しい説が言われ始めています。
しかし、朝ごはんをきちんと食べることは、痩せやすい体をちゃんと作るためには必要です。

 

人間の体は、実は一日を25時間とする体内時計があります。
それを、24時間に修正しないと、朝が来て、夜になり、また朝が来る、という地球の時間の流れに体が合わなくなるため、食事の時間を決めて食べることなどをして、体の調子を整えながら生きているのです。

 

地球の24時間と、人間の体の体内時計の25時間のズレである、1時間を正しく修正するためには、朝日を浴びること、そして決まった時間に朝食をとることが必要です。
これによって、体内時計がリセットされ、一日の活動する量を増やそう、と体が働きます。
そして、体内の脂肪、糖分が次々と分解されて、燃焼の効率が良くなり、エネルギーが消費されます。

 

 

昼ごはんの場合なら、脂肪が少し多くても、消費されやすくなります。
また、夕食の時間には、食べたものの栄養をなるべく蓄えておくように、体が働きます。

 

このように、朝食を食べると、「やせるスイッチ」がきちんと入り、それほど神経質に脂肪分のことを注意しなくても、痩せていく体に変わっていくのです。

 

 

この記事のポイント
朝起きたら、日光を浴びる
朝食は必ず決まった時間に食べる
日中の間は、出来るだけ活動的に!
昼食なら、脂肪分が多少多くてもOK
夜は、脂肪や炭水化物が少なめの、軽い食事を心がける。
寝る前には、部屋を明るくしすぎないように、暗めの照明で
パソコン、テレビは遅くまで見ない

 

 

これを守ることで、痩せやすい体質に変化していくでしょう。

 

朝食なら、ヒルズダイエットがオススメ

朝ごはんを毎日決まった時間に食べることは、かなり大変。
でも、痩せるためには朝食が必要なんです。

 

だからこそ、簡単にすばやく作れるヒルズダイエットが便利。
栄養のバランスがきちんと取れていて、ミルクを混ぜるだけですばやく出来上がるから、時間がなくてもきちんと朝食を食べることが出来ます。

 

そして、体は日中のエネルギー消費量をふやし、痩せる体質になるでしょう。

朝食を食べると「やせるスイッチ」が入る!関連エントリー