ヒルズダイエット バナナ アレンジ

サイトマップ

バナナ味とチョコソースでチョコバナナ風

ヒルズダイエットは、アレンジレシピも魅力の一つ。
今日は、バナナ味を使ってチョコバナナ風にしてみますね。

 

懐かしいチョコバナナ味

小さな子供のころ、チョコバナナのアイスが好きで、よく食べていたっけ。

 

バナナ味のパステルゼリーに、チョコソースをかけてみよう!

 

まずはチョコソース作り

わざわざチョコソースを買わなくても、ココアを使えば作れるんです。
厳密に言えばチョコを使っていないからココアソースということになるのかな。

 

でも前にも作ったことがあって、味はまさにチョコソースそのものに感じて美味しかったよ。

 

今回は、家にちょうどあった純ココアを使って作ります。

 

これは、砂糖が入っていないココアだから、ダイエットにはぴったり。
市販のチョコソースは砂糖がたっぷり入っていそうだから、家で作れば砂糖なしのソースが作れるね。

 

チョコソースの作り方

まず最初にチョコソース(ココアソース)を作ります。

 

作り方は、純ココア大さじ2に、ミルク大さじ3を少しずつ入れてだまができないようしっかり混ぜるだけ!
私は砂糖を入れませんでしたが好みの分量の砂糖を入れてもいいと思います。

 

パステルゼリーのバナナ味を作ります!

いつものようにミルクを加えて。

袋の裏には、このように作り方が書いてあります。
今日はミルクを少なめにしてみますね。

 

最初はこんな感じですが、

混ぜていくうちになめらかになってきます。

チョコバナナ風の完成!

作っておいたチョコソースをかけます。

このチョコバナナの色合いがおいしそう!

 

ではいただきます。


口当たりがしっかりとした中に、ほんのり感じるバナナの甘さと、それとよくマッチした程よい酸味。
絶妙さがおいしいこのバナナ味に、ココアの苦みがいいアクセントになっていて、これは新しい味を発見したかも。

 

一口食べる中に、いろいろ味の変化が一度に感じられて楽しい。私はこの味、かなりおいしく感じました。

 

ココアに砂糖を入れなくて正解でした。バナナの甘さに、ココアの苦みが合わさって、何とも絶妙な味になったからです。
「大人のチョコバナナ」みたいな味になりました。

 

絶妙さが大好き

パステルゼリーのバナナ味って、甘さ加減が絶妙だと思う。
これよりも甘くなってしまうと、「甘すぎ!」と感じてしまうし、
甘さが少ないと「物足りないな。」と感じると思う。

 

だから長く続けられるんだね。

 

今日したみたいにアレンジでその味は無限にできるし、買ってよかった〜

 

朝食におすすめ

今日のヒルズダイエットは朝ご飯にしました。
チョコソース(ココアソース)を作るのもあっという間だし、パステルゼリーも一瞬でできて、そしておいしかったよ!

 

ヒルズダイエットのパステルゼリー、朝ご飯にするのが私のおすすめかな。
朝は時間が取れないことが多くて。
そんな時でもこれだったら食べることができるし。

 

下手にほかの簡単なものを食べるより、栄養が考えられているから
こっちのほうがいい気がします。

 

そして、独特の口当たりにはまってしまったよ。
舌の上に、ぐっと感じる「今ちゃんと食べています」という主張がある。
その主張の中に、絶妙の甘さと酸味のバランス具合がほかにはなく、
これがあるから、ちゃんと食べた、っていう気持ちがおきると思います。

 

ちなみに、純ココア大さじ2でカロリーが約32kcal。
ミルクのカロリーですが、
私は固めのヒルズダイエットが好みで、入れる量を少なくしています。
袋に書いてある基本のミルクの量より、大さじ3以上減らして作っています。

 

ヒルズダイエットを普通に作ると、カロリーが大体220kcalくらいだから、
ココアのカロリーだけプラスされて、合わせてカロリーは大体252kcalです。
これでも普通の食事と比べたら十分カロリーは低いです。

 

体重は、マイナス0.4kg!
ずっと痩せ続けています。
ここまで来ると、本当にヒルズダイエットのおかげ、と実感できます!

 

続きはコチラ→ヨーグルトでアレンジ